手摺・設備ラック・架台・化粧モール下地・ルーバー・2次部材・非構造部材の構造計算│有限会社アクト


その手摺はもつか?

 

 BIM-ビルディング・インフォメーション・モデル

 という言葉を、よく聞くようになりました。

 設計図を3Dモデルで作り上げ、

 そこに、建材や製品の仕様、価格などの情報を

 埋め込み、データベースすとする構想です。

 

 そうすることで、設計図がそのまま施工図になり

 瞬時に見積まで完了するメリットがあるそうです。

 

 作図道具が超短期間で、ドラフターからCADに

 置き換わった現実を振り返れば、BIMもすでに

 身近に迫ってる現実となっています。

 

 その動きには、当然、建築2次部材(非構造材)

 の構造計算も含まれます。そう考えれば、

 構造計算は、図面を描く者にとって必須のスキル

 となることは、遠からず、間違いありません。

 

 構造計算の基礎が分かっていないと、

 図面が描けない日が近く、来るかもしれません。

 少なくとも、CADを操るのと同じ感覚で

 構造的感覚が求められるでしょう。

 

 その動きの中で私たちは、どう振る舞えば

 構造計算のスキルを有効に使えるでしょうか。

 

 私の経験では、構造計算が使えるだけでは、

 取り残され、振りな立場に立たされ、

 理不尽な目に合い、大きな損をします。

 

 構造計算を自分の価値を上げる ビジネスツール

 として使う為に、私たちの経験から得た Know how と

 有効な方法、考え方、振る舞い方を お伝えします。

 

 一度読んで、必要でなければ 即座に停止てください。

 毎号記事の冒頭に、解除アドレスを掲載しています。

 下の欄より、メールアドレスをご登録下さい。

 

メールアドレス

(必須)


 ■ ツール と サービス
▲ページトップ

*AutoCADは米国Autodesk社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*Windowsは米国Microsoft社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*その他、記載の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

建築金物の強度計算

有限会社アクト

岐阜県岐阜市福光東1丁目28-12